毎日シャンプーしても臭いのはナゼ?

毎日シャンプーしても臭いのはナゼ?

毎日シャンプーしているのに頭皮が臭う、という人はシャンプーをきれいに洗い流せていないことが原因かもしれません。頭皮で細菌が繁殖する原因の一つにシャンプーやスタイリング剤の洗い残しがあります。これらのシャンプーやスタイリング剤が頭皮に残ったまま古くなって酸化すると、古い油のような嫌な臭いを発生させる原因となります。

シャンプーやスタイリング剤の成分は油のため、シャンプーをした後に頭皮に残ったままになっているとこの油を頭皮の雑菌や常在菌が食べることで異常繁殖してしまいます。そうするとこれらの菌が皮脂に含まれる脂肪酸を分解させ、ノネナールという体臭成分を分泌させます。シャンプーをした際には洗い残しのない様、しっかりと流し落とすことが大切です。

また、洗いすぎが原因であることもあります。これは頭皮には元々皮脂という油を分泌する機能があるのですが、臭いが気になるからといってシャンプーをしすぎると本来頭皮に必要な皮脂まで洗い流されてしまい、逆に皮脂が過剰分泌されてしまうのです。そうするとこの以上分泌された皮脂が古くなると酸化して臭いを発生させたり、雑菌や常在菌の異常繁殖を招くことになります。そのことを防ぐためにも、シャンプーは1日1回がよいでしょう。

シャンプー、しっかりすすげていますか?!
頭、必要以上に洗いすぎていませんか?!
頭皮の臭いにおすすめのシャンプーランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする