弱酸性シャンプーは危険?!優しくないシャンプーの落とし穴

弱酸性シャンプーに注意!

弱酸性シャンプー

高級アルコール系シャンプーの分類に入る、『弱酸性シャンプー』。よくCMで見る『弱酸性』のイメージって、『弱い』って字が入ってるうえに、なんだか頭皮にも髪にも優しいイメージがありませんか?・・実は、まったくそんなことは無いんです!!

弱酸性は殺菌力が強すぎる

もともと酸性のものは洗浄力がとても高く、今肌にいる常在菌に対してもとても強い殺菌能力があります。常在菌まで洗い流されてしまうとどうなるかというと、肌荒れが進行したり、頭皮トラブルの原因に。

皮脂を取り過ぎてしまうことで、頭皮の乾燥が進んだり、逆に皮脂不足だ!と間違って今まで以上に過剰に皮脂を分泌させてしまう可能性も。

頭皮 乾燥

赤ちゃんやご老人だけでなく、アトピーなどをお持ちの敏感肌の人などは弱酸性シャンプーや弱酸性せっけんと書かれた商品は使わないようにしましょう。

ただもちろん肌質には個人差があるので、弱酸性シャンプーが一番合うんだけど・・という人もいるかもしれませんが。

とにかく、『弱酸性シャンプー』の、というイメージに騙されないように、しっかりと自分の頭皮に合ったシャンプーを選びたいものですね。

おすすめのシャンプーランキング2017年度版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする