フケを予防するには

フケを予防するには

フケ 予防

頭皮のフケに悩んだことはありますか?フケは目立ってしまうのでなくしたいものです。毎日シャンプーをしているのにフケが出てしまう場合は、洗い方や使用するシャンプーを変えれば改善できるかもしれません。そこで、フケの治し方や洗い方フケにおすすめのシャンプーについてご紹介しますので参考にしてみてください。
フケ予防シャンプーランキングはこちら

フケの治し方

フケの治し方は原因によって対処が変わってきます。

フケ 治し方

フケの原因には、過剰な洗髪や頭皮の乾燥、菌の増殖などがあります。それらの原因を追究し、正しい治し方を実践することがフケの改善につながります。過剰な洗髪の場合は、シャンプーの種類や洗い方を変えるだけでフケを少なくすることができます。冬は頭皮が乾燥しフケが発生しやすくなりますが、その場合は頭皮用の保湿ローションが効果的です。それから、洗髪後に乾かさず、髪が濡れたままだと菌が増殖しやすくなります。また、枕や帽子など頭皮と接触するものは清潔にすることが大切です。このように、フケの原因を追究し生活習慣などを変えれば改善しやすくなります。

◇洗いすぎはフケの原因に!アミノ酸シャンプーなどで優しく洗って
◇乾燥はフケの大敵!油分ではなく天然の保湿成分のあるもので保湿を
◇洗髪後はしっかりドライヤーを!
◇ストレスを溜めずに清潔に。生活習慣も大切です

フケができたときの洗い方

フケ 洗い方

フケができた時は、刺激の少ない洗い方をするのが大切です。フケを取るために強く洗いがちですが、刺激が強いと逆効果になります。洗う時の温度は38℃くらいのぬるま湯が良く、熱すぎると頭皮が炎症を起こしてしまうため注意が必要です。髪の毛についた汚れの8割はお湯だけでも落ちるので、シャンプーは使い過ぎないように注意します。最初にお湯で汚れを落としてから洗うと、泡立ちが良くなり少しのシャンプーでも洗浄力を期待できるでしょう。爪は立てず、指の腹でマッサージするように洗い、しっかりとすすぐことを心掛けます。

フケ用シャンプーおすすめは?

フケが出た場合は、使用するシャンプーの見直しが大切です。フケ用のシャンプーなら、低刺激でも高い洗浄力があります。シャンプーを成分で分けると、石鹸系・アルコール系・アミノ酸系の3種類です。石鹸系やアルコール系は洗浄力がありますが、刺激も強いのでフケが出ている場合は適しません。フケが出ている時には、頭皮に刺激の少ないアミノ酸系が良いです。また、合成界面活性剤は皮脂を必要以上に取ってしまうので、避けた方がいいでしょう。

フケ用シャンプー市販でおすすめはこれ

市販されていて手軽に手に入るおすすめのフケ用シャンプーをご紹介します。

アミノ酸系で優しくフケケアはハーブガーデンシャンプー

ハーブガーデンシャンプー フケ

市販されているフケ用シャンプーでおすすめは「ハーブガーデンシャンプー」です。天然由来成分100%で刺激が少なく、アミノ酸系で洗浄力があります。

ハーブガーデン公式サイトはこちら

脂漏性皮膚炎やフケにはカダソンシャンプー

kadasonシャンプー フケ

それから、「KADASON(カダソン)シャンプー」は、脂漏性皮膚炎の予防や改善にも適している低刺激の無添加シャンプーです。

KADASONシャンプー公式サイトはこちら

↓↓使ってみた口コミレビュー・詳細はこちら↓↓

脂漏性皮膚炎に【カダソンスカルプシャンプー】
脂漏性皮膚炎におすすめのシャンプー 脂漏性皮膚炎に悩み続けてきた夫がこのシャンプーに出会ってから劇的に脂漏性皮膚炎が治りました!脂漏性...

男性のフケにもおすすめはharuシャンプー

haruシャンプー フケ

また、「haru」も天然成分で出来たノンシリコンシャンプーで、界面活性剤や合成着色料、香料などを使っていません。植物由来の育毛や発毛効果、炎症改善が期待できます。

haruシャンプーの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする