アミノ酸シャンプーのメリット&デメリット

アミノ酸シャンプーとは?

ハーブガーデンシャンプー アミノ酸シャンプー

写真は人気のアミノ酸シャンプー『ハーブガーデンシャンプー

女性にとって、サラサラしなやかな髪の毛は永遠の憧れですよね。しかし、様々なシャンプーがある中から、一体どんなシャンプーを選んだらいいのでしょうか?数あるシャンプーの中でも、「アミノ酸シャンプー」は優しい洗浄成分となっており、理想のシャンプーなのだそうです。今回は、そんなアミノ酸シャンプーについて紹介します。

アミノ酸シャンプーは何にいい?成分や効果をリサーチ

アミノ酸シャンプーの成分や効果は?・・・アミノ酸シャンプーは、刺激の強い石油系の洗浄成分不使用のシャンプーです。石油系シャンプーや高級アルコール系シャンプーは洗浄力が非常に高いのですっきりして、洗った感が好きという方もいるかもしれませんが、その分刺激が強く、高すぎる脱脂効果も気になります。

美しい髪の土台となる「頭皮」の為には、アミノ酸シャンプーがおすすめです。

アミノ酸シャンプー 頭皮

アミノ酸シャンプーの主成分は、ラウロイルメチルアラニンNaやココイルグルタミン酸などとなっており、こちらの成分は洗浄力が強すぎず、頭皮に必要な潤いを残して洗い上げてくれるので、油分の落としすぎによる「フケ・かゆみや湿疹」などの皮膚トラブルを起こしにくくなっています。頭皮が脂っぽい人は、油分の落としすぎで乾燥しているため、潤そうという力が働いて余分な皮脂が出てしまっている場合も多いんです。すっきり感は強くは感じられませんが、長期的に見て地肌環境を整えてあげることで、べたつきも気にならなくなるのなら試してみるのも悪くないですよね。髪の毛のパサつきを減らし、使い続けるうちに髪本来のツヤがよみがえる効果も期待できます。輝く髪は頭皮から。アミノ酸シャンプーなら叶えてくれるかもしれません。

アミノ酸シャンプーのメリットやデメリット

アミノ酸シャンプー メリット デメリット

そんなアミノ酸シャンプーのメリット・デメリットはどうでしょうか。まず最大のメリットは頭皮環境の正常化の作用があることではないでしょうか。頭皮トラブルには、フケ・かゆみや頭皮のべたつきや臭いなど様々ありますよね。実はこれらのトラブルはすべて、落としすぎによる地肌の乾燥が原因なんです。また、洗浄成分の強いシャンプーには髪の毛の手触りをよくするようにシリコンが入っていることが多いのですが、地肌と髪の毛をコーティングし、後に使うトリートメント成分の浸透もしにくくなってしまいます。その点、アミノ酸シャンプーには入っていないので安心して使用できます。そんないいことづくめのアミノ酸シャンプーですが、デメリットもあります。アミノ酸シャンプーデビューの方は、初めは泡立ちの悪さやギシギシ感にびっくりするかもしれません。これは強い洗浄力ではないので泡立ちも弱く、手触りをよくするシリコンも入っていない為ギシギシ感がでてしまうためです。優しい洗浄成分の為、洗い残しがあると整髪料なども取れてないことがあるので、注意が必要です。初めにお湯でしっかり目に予備洗いをして汚れを落ちやすくしてから、シャンプーしてみるといいかもしれません。また、普通のシャンプーに比べてアミノ酸シャンプーは比較的価格が高い事が多いのもデメリットとしてあげられます。

アミノ酸シャンプー、市販で安く買えるのは?

アミノ酸シャンプー 市販

値段が高めのアミノ酸シャンプーで市販のもので安く買えるおすすめ品はあるのでしょうか。それは、配合成分に注目してみる必要があります。シャンプーボトルの背面を見ると、使用原料が記載されています。多く使用している順に記載されていて、水から始まって、二番目にくる成分がアミノ酸系の洗浄成分であることをまず確認してみてください。二番目に石油系洗浄成分が書かれていて、アミノ酸系成分が3番手、4番手に来ているものは、アミノ酸が配合されたシャンプーであって、刺激の強いシャンプーになるので注意してくださいね。アミノ酸にも種類があり、メチルアラニン系のものは、洗浄成分の弱さをカバーしている利点があるものの値段が高くなってしまっています。安いもので抑えたいなら、ベタイン系やココイル系などが主成分のものを選んでみるなど、配合成分によって価格も抑えられるので、ドラックストアでじっくりと気になるシャンプーの成分表示とにらめっこしてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする